header_image
Home

岩上安身およびIWJは、2009年9月より、小沢一郎氏、およびいわゆる「陸山会事件」について、さまざまな側面からの報道を続けてきました。このページでは、それらの記事を一覧でご紹介します。

オススメ記事


2015/02/21

石川知裕前衆議院議員 裁判報告会 ―コーディネーター IWJ代表・岩上安身(動画)New!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/234574

前衆議院議員の石川知裕氏、主任弁護士の安田好弘弁護士、河合匡秀弁護士をゲストに迎え、陸山会事件の裁判について、報告会が行われ、IWJ代表の岩上安身がコーディネーターを務めた。


2012/04/18

小沢一郎議員インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/11540

2010年12月23日のインタビュー以来、1年4ヶ月ぶりの岩上安身による単独独占インタビュー。4月26日の陸山会事件判決を前にして司法制度の課題、原発の再稼働、核問題など、多岐にわたるテーマで話を聞いた。

ピックアップ記事


2013/06/01

「私が内部告発した時には、私以外の全員が犯罪者でした」 ~最高裁事務総局の社会支配と戦う市民集会 司法の闇に光を!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/82723

「日本の警察から、今の50代以上の管理職者が姿を消すまでは、冤罪はなくならない」──。2013年6月1日(土)13時から、東京都豊島区の豊島区民センターで行われた市民集会「司法の闇に光を!」で、元警察官の仙波敏郎氏は、このように発言。ほかのスピーカーもまた、日本の司法の「闇」に迫る議論を展開した。


2013/03/13

陸山会事件控訴審、元秘書3人に有罪判決 石川議員「判決は事実誤認」―「陸山会事件 控訴審判決」裁判所前の模様&石川知裕裁判報告会

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/67267

2013年3月13日(水)13時30分過ぎ、東京都千代田区の東京高等裁判所で、生活の党代表の小沢一郎氏の政治資金をめぐり、収支報告書にうその記載をした罪に問われた、小沢氏の元秘書、石川知裕氏、大久保隆規氏、池田光智氏の3人に対する控訴審判決があり、飯田喜信裁判長は1審と同じく有罪を言い渡した。3人は即日上告した。


2012/12/16

【IWJ特報59・60号】 11.12から12.16へ 疾風怒濤の35日間 ~陸山会裁判、小沢氏「無罪」確定から、解散、第三極をめぐる合従連衡、ダブル選挙へ

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/64633

今から約一ヶ月前の11月12日月曜日。この日、陸山会事件の控訴審で、被告だった小沢一郎氏に対し、「無罪」の判決が下った。3年8ヶ月前に始まった暗黒の政治裁判が、終に幕を閉じたのである。今から振り返ると、これが幕開けであったと想われる。この日を境に何かの呪縛が解けたかのように、すべてが動きだし、疾風怒濤の日々が始まった。


2012/11/24

小沢一郎氏の無罪確定と「生活」隠し(「IWJ通信」11月24日号 巻頭言より)

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/47333

「国民の生活が第一」党本部で、夕方の5時45分から小沢氏の会見が開かれました。私は、捜査報告書を偽造してまで強制起訴に持ち込んだ検察の不当性、そして、検察と一体となり、メディアスクラムを組んだマスコミの異常性についてどう思うか、小沢氏に質問しましたが、小沢氏は「国民の裁き、天の裁きにお任せしたいと思います」と述べるにとどまりました。


2012/06/01

IWJ特報 36号 + IWJ特報 37号 ― 誰のための、何のための小沢「控訴」なのか 〜山下弁護士インタビュー(前編)

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/64579

推定無罪の原則、あるいは、被告人の人権を無視した裁判と報道。司法はどこまで落ちるのか、検察はどこまで暴走し続けるのか、そして、メディアは自らを顧みることなく、「木偶の坊」面をして、思考停止の一方的なバッシング報道をいつまで続けるのか。


2012/05/09

陸山会事件 指定弁護士 記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/14666

2012年5月9日(水)、東京・霞ヶ関にある東京地裁内記者クラブ。政治資金規制法違反罪で強制起訴された民主党元代表の小沢一郎氏が無罪になったことで、判決を不服とした検察官役の指定弁護士が東京高裁に控訴すること決め、記者会見を行った。


2012/05/06

IWJ特報 35号 ― 小沢無罪を確信していた。有罪であれば「政治裁判」~郷原信郎弁護士インタビュー~

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/64575

2012年4月26日、小沢一郎氏に無罪判決が出されたことを受け、その翌日(4月27日)、郷原信郎弁護士にインタビューを行い、無罪判決に至るまでの経緯や、検察の問題点などについて、郷原氏に話を聞いた。


2012/04/27

郷原信郎氏インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/13297

郷原信郎氏は陸山会事件の結果に関して、「常識から考えて有罪は有り得ない、有罪だったら裁判=政治になってしまう」とした。政治資金収支報告書への記入は会計責任者に記載責任が課されており、政治団体の代表者は選任と監督の両方に過失があった場合に刑が処される。これに基づいて郷原氏は「無罪は当然」とした。


2012/04/26

ジェラルド・カーティス氏講演「小沢裁判、判決結果とそのインパクト」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/13142

2012年4月26日(木)、外国特派員協会で行われた、ジェラルド・カーティス氏講演「小沢裁判、判決結果とそのインパクト」の模様。


2012/04/26

小沢裁判報告会

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/13144

政治資金規正法違反の罪(いわゆる陸山会事件)に問われていた小沢一郎氏の裁判で、東京地裁が無罪の判決を言い渡したことを受けて、森ゆうこ参議院議員の呼びかけにより、小沢氏の無実・無罪を主張し共闘してきた多数の国会議員や支持グループ・支持者の集会が開かれた。


2012/04/26

東京大地塾 魚住昭×佐藤優×鈴木宗男 陸山会事件判決を読み解く

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/13236


2012/04/25

「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」による告発前のぶら下がりと記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/13051


2012/04/23

「検察審査会の実態調査を目的とする法務委員会秘密会」開催要請に関する記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12674

森ゆうこ議員が、専門家からも市民からも数多くの疑惑が寄せられている東京第五検察審査会の実態調査を行うため、国会議員の署名を集めて「法務委員会秘密会」の開催を求める要請を行い、記者会見を開いた。


2012/04/20

「STOP!権力の暴走」国民大集会~小沢一郎政治裁判の不当判決は許せない~

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12278

各市民団体の代表者のほか、国会議員や個人ブロガーなどが登壇し、検察権力・国家権力の暴走に警鐘を鳴らした。参加者は森ゆうこ議員、階猛議員、小林正枝議員をはじめ、植草一秀氏、宮崎学氏、二見伸明氏、仙波敏郎氏、山崎行太郎氏など。会場には約1,200人の一般市民が詰めかけた。


2012/04/17

第4回「政権交代で目指したことは何だったのか」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/11298

小沢氏は、国会内の根深い官僚支配の問題に言及。立法の司法のチェック権限について、これまで裁判官を訴追する訴追委員会は、裁判官の天下りが占めていたとする、訴追委員会の事務局長の証言を紹介。「このような官僚支配が国会の中でさえ、気付かれずに出来上がっており、行政改革の前に、立法の中でさえ、このような官僚支配がある」と語った。


2012/04/17

第4回司法勉強会 検察審査会人選、くじ引きソフト実演 パート2

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/11292


2012/04/16

陸山会事件における田代元検事による虚偽報告書に関する質問状を提出した件についての記者レク

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/11138

2012年4月16日(月)、八木啓代氏が代表を務める「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」が、陸山会事件において田代元検事が石川知裕氏の取り調べをした際、虚偽の報告書を作成した問題で、作成を指示したと推定される上司である大鶴基成元東京地方検察庁次席検事・弁護士、佐久間達哉元東京地検特捜部長、吉田正喜元東京地検特捜副部長、斎藤隆博東京地検特捜部副部長の4名に対し、東京地方検察庁に質問状を提出し、その後、司法記者クラブにて記者レクを行った。


2012/04/08

小沢一郎氏は無実! 名誉回復と復権を求める街頭デモ

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/9205

集会では元衆議院議員で実行委員長の二見伸明氏や山口敏夫氏らが、検察と裁判所が一体となって暴走している現状の危機を訴え、「国民の生活が第一」がスローガンである小沢氏を激励しようと呼びかけた。


2012/04/02

「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」記者会見 & 八木啓代氏緊急インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/7575

東京高等裁判所司法記者クラブで行われた、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」記者会見と、その後行われた八木啓代氏のインタビューの模様。


2012/03/29

カレル・ヴァン・ウォルフレン教授インタビュー「日本を追い込む5つの罠」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/6966

「日本を追い込む5つの罠」の著者・カレル・ヴァン・ウォルフレン氏のご自宅にうかがい、3月29日、岩上安身による、約1年ぶりとなるインタビューが行われた。


2012/03/28

ザ・シンポジウム in NANIWA「検察・司法・マスコミを改革せよ!」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/6846

大阪市浪速区の区民センターで行われた、ザ・シンポジウム in NANIWA「検察・司法・マスコミを改革せよ!」の模様。 陸山会事件をはじめとする検察問題などに造詣の深い識者がそれぞれの立場から、検察・司法・マスコミの問題について講演した。


2012/03/23

小沢一郎議員を支援する会 シンポジウム

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/6091

小沢一郎民主党元代表の判決を前にし、元代表の元秘書である石川知裕議員を始め、評論家、社会運動家、市民団体が駆けつけ、演説を行った。


2012/03/13

第2回民主党議員有志による司法勉強会

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/5431

石川知裕衆議院議員の女性秘書Aさんが、東京地検特捜部の民野健治検事から受けた不当な取り調べの実態について、初めてカメラの前で語った。


2012/03/13

「小沢一郎勉強会 第3回-非常事態における危機管理と安全保障〜憲法9条をめぐって〜」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/5488


2012/03/08

石川知裕議員インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/5179

衆議院第一議員会館にて行われた、石川知裕議員へのインタビューの模様。


2012/02/28

参議院1年生議員有志による勉強会(講師・小沢一郎元代表)

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/4767

演題は「日本国憲法の基本理念について」。小沢元代表はまず、憲法前文に記された三原則「国民主権・基本的人権の尊重・平和主義」の重要性を強調。9条もこの前文に照らした上で解釈すべきとした。


2012/02/21

「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」加藤芳男氏インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/4371

市民団体「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」(代表・八木啓代さん)が、東京地方検察庁刑事部長に対し、再度「捜査要請書」を提出した。この件についての市民の会副代表のインタビュー


2012/02/10

名城大学コンプライアンス研究センター長 郷原信郎氏 緊急記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/3734

「名城大学コンプライアンス研究センター長 郷原信郎氏 緊急記者会見」の模様。 政治資金規正法違反事件で、小沢一郎民主党元代表に対し、強制起訴議決を出した東京第5検察審査会。 その検審に対し、特捜部が提出していた捜査資料リストの中には、元秘書・石川議員を取り調べた田代検事が作成した、実際にはなかったやりとりを含んだ虚偽の報告書も含まれていた。


2012/02/07

郷原信郎・名城大学コンプライアンス研究センター長 緊急記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/3977

名城大学コンプライアンス研究センター「郷原信郎・名城大学コンプライアンス研究センター長 緊急記者会見」の模様。


2012/01/16

「新しい政策研究会」第1回勉強会

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/2397

衆議院第2議員会館多目的会議室において、小沢一郎元民主党代表が会長を務める「新しい政策研究会」の第1回勉強会が行われた。講師:榊原英資青山学院大学教授


2012/01/12

「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」の検察庁他に対する刑事告発についての記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/2272

2012年1月12日14時より司法記者クラブにて行われた「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」による刑事告発についての記者会見と、代表である八木啓代氏へのショートインタビューの模様。


2012/01/04

小沢一郎議員の被災地訪問と記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/1874

小沢一郎議員が民主党の岩手県連の代表として、被災地訪問を行った。 訪問は東日本大震災後初めてで、岩手県内沿岸の久慈市から、宮古市の浄土ヶ浜、釜石市、大船渡市、陸前高田市まで全五カ所をまわった。


2011/12/22

シンポジウム「検察、世論、冤罪Ⅱ」郷原信朗、山下幸夫、市川寛、山口一臣、八木啓代

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/6233

2011年12月22日に行われた、シンポジウム「検察、世論、冤罪Ⅱ」(郷原信朗、山下幸夫、市川寛、山口一臣、八木啓代)の模様。


2011/12/11

【FPAJ主催】小沢一郎民主党元代表・全国民同時参加型記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/1075

会見は広く「主権者たる国民」からの疑問に答えるため、前半はインターネット等を通じて公募された質問への質疑応答、後半は会見場の記者との質疑応答の二部構成で行われた。


2011/12/06

鈴木宗男氏釈放記者会見&パーティー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/1077

2011年12月06日に行われた、鈴木宗男氏釈放記者会見&パーティーの模様。


2011/10/28

松木謙公議員インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/7117

2011年10月28日に行われた松木謙公議員のインタビュー。小沢一郎、TPP、そして民主党について。


2011/10/20

自由報道協会主催 小沢一郎民主党元代表・全国民同時参加型記者会見

http://iwakamiyasumi.com/parchives/13713

自由報道協会主催の小沢一郎民主党元代表・全国民同時参加型記者会見の模様。


2011/10/11

「TPPを慎重に考える会」会長、山田正彦元農林水産大臣インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/7213

「石川さんたちの裁判は、私も弁護士で法曹の1人ですが、法曹界ほとんどがあのような判決というのは見たことないんじゃないでしょうか。刑事事件を推測で書くようなことというのは今まであり得なかったことですね。だからあの判決は一言で言っておかしいですね。」


2011/10/11

石川知裕議員インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/615

石川知裕衆議院議員のインタビュー。(スチール写真有り)


2011/10/06

小沢一郎衆議院議員記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/617

初公判を終えた小沢一郎衆議院議員が記者会見を行った。小沢議員はまず初公判で読み上げられた陳述と同様の文書を読み上げた後、記者からの質問に答えた。


2011/10/06

郷原信郎弁護士インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/554

小沢一郎代議士の元秘書の3人に対して下された有罪判決、水谷建設からのヤミ献金を事実認定したその判決の内容などについて伺った。


2011/09/26

石川知裕衆議院議員記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/728

「陸山会事件」で政治資金規制法違反に問われていた石川知裕衆議院議員の記者会見


2011/09/26

石川知裕衆議院議員判決

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12259

2011年9月26日に行われた、石川知裕衆議院議員の判決の模様です。


2011/07/28

小沢一郎衆議院議員公開討論会および記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/7485

自由報道協会主催の「小沢一郎衆議院議員公開討論会および記者会見」のアーカイブ映像です。


2011/07/08

石川知裕衆議院議員 記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/7552

自由報道協会主催の石川知裕衆議院議員の記者会見の模様


2011/03/03

小沢一郎氏記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/8442

自由報道協会主催、小沢一郎氏記者会見です。今回の会見でも、内政・外交について幅広い質問がでました。岩上安身はTPPについて質問しています。


2011/02/10

小沢一郎氏記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/8770

自由報道協会主催の小沢一郎氏の会見動画です。


2011/02/09

検察審査会の疑惑を究明する市民と国会議員の会

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/8772

「検察審査会の疑惑を究明する市民と国会議員の会」主催シンポジウムの動画です。


2011/02/04

郷原信郎弁護士記者レク

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/885

テーマは、(1)検察審査会起訴議決による小沢一郎氏の起訴と、その起訴状について (2)「検察の在り方検討会議」について (3)年金の「運用三号」問題について、です。


2011/01/31

小沢一郎議員ぶら下がり

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/114

検察審査会議決により指定弁護士から起訴されたことをうけての小沢一郎議員のぶら下がり会見です。


2011/01/27

小沢一郎元民主党代表会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/893

日本自由報道記者クラブ協会(仮)は、公的な記者会見の開放を訴え、取材・報道目的なら個人で誰でも会見に参加できるものです。第一弾の会見として、長年、記者会見の開放を実践してきた政治家として小沢一郎氏を選びました。


2011/01/21

郷原信郎弁護士記者レク

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/962

大きなテーマは3つ。前日の「第五回検察の在り方検討会議」をうけ、検察の組織の特殊性と法的枠組みについての解説と、石川知裕議員の再聴取の問題、尖閣ビデオ流出問題の処分についてでした。


2010/12/28

小沢一郎衆議院議員記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/1480

午後2時、民主党の小沢一郎衆議院議員は衆院議員会館で記者会見し、衆議院政治倫理審査会に出席する決意をしたと表明しました。


2010/12/24

検察審査会問題を研究する会

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/9235

日本一新の会と小沢一郎議員を支援する会主催による「検察審査会問題を研究する会」が憲政記念館で開かれました。


2010/12/23

小沢一郎衆議院議員単独インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/692

大きな反響をいただいている、2010年12月23日の小沢一郎衆議院議員への単独インタビュー。


2010/12/22

弘中弁護士インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/138

小沢一郎氏へのインタビュー前日の弁護団長の弘中弁護士にインタビューです。


2010/12/17

弘中弁護士記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/9262

小沢一郎議員の弁護人である弘中弁護士の会見が、衆議院第二議員会館で行われました。小沢議員の政治倫理審査会への出席がマスコミの焦点になる中、刑事弁護人としての立場からの説明がありました。


2010/12/15

渡辺乾介氏インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/706

小沢一郎議員を軸に解き明かされる、昭和〜平成の日本の政治史。


2010/12/02

郷原信郎弁護士記者レク

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/9390

小沢一郎議員の第五検察審査会の議決に対する行政訴訟を最高裁判所が棄却した件についてなど、解説しています。


2010/11/24

シンポジウム「検察・メディア・民主党」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/1518


2010/11/09

森ゆうこ議員インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/1369

検察審査会人選のくじ引きソフトについて、詳しく語った。


2010/10/05

郷原弁護士記者レク

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/9645

10月4日、検察審査会より提出された議決書(“起訴すべきである”)に関する問題と、郵便不正事件(村木事件、大坪氏・佐賀氏の逮捕)に絡む問題が主なテーマです。


2010/10/04

検察審査会議決書

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12042

小沢一郎氏に対する、2回目の起訴相当議決書です。


2010/10/07

小沢一郎議員、ぶら下がり会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/9630

「起訴相当」の検察審査会議決をうけ、小沢一郎議員が議員会館内でぶら下がり会見を行いました。


2010/09/08

小沢一郎 政権政策に関する記者懇談会

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/9788

民主党代表選挙小沢一郎候補の政権政策についての記者懇談会の動画です。小沢候補は、記者との一問一答で、さまざまな質問について答えています。


2010/09/02

日本記者クラブ主催 民主党代表選 公開討論会

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12034

「民主党の代表は、今日では、政権運営での最高責任者を選ぶということになります。したがいまして、私自身、今日のような、大変きびしい困難な時期にトップリーダーとして、その責任を果たすことが出来るのかどうか、今回の代表選に出馬すべきかどうか、思い悩みました。」


2010/09/01

民主党代表選共同記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/9851

9月1日水曜日、午後4時から、ホテル・ニューオータニの鳳凰の間、民主党代表選に出馬する菅直人氏、小沢一郎氏両名そろっての共同記者会見が開かれた。


2010/08/31

小沢一郎代表選挙出馬表明

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/9862

2010年8月31日、小沢一郎衆議院議員の、代表選挙出馬表明のぶら下がり会見です。


2010/07/16

Tweetまとめ 検察審査会報道〜「報道」というよりも政治力をそぐためのネガキャン

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12032

前回の検察審査会の結論は「起訴相当」だった。「起訴相当」が検察審査会で二度続くと、「強制起訴」となる。しかし、今回は「不起訴不当」。


2010/05/24

平野貞夫氏、森英介前法相の「指揮権発動」についての緊急論説

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12030

5月13日(木)、三人の経済人から夕食に招かれた。話題は政治の劣化や経済再生などで、民主党政権への提言を聴く機会でもあった。その中で、驚くべき情報を教えられた。


2010/01/25

「公平公正な捜査につきましては、今後も協力してゆく」〜1月25日、小沢幹事長オープン記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/11839

この日も、通常の定例会見とは違う、別種の「熱気」が会見場に充満していた。


2010/01/23

まったく虚像の自白情報をリークする検察、それをそのままたれ流し「大誤報」を生んでも素知らぬ顔の記者クラブメディア〜1月23日小沢幹事長・事情聴取後のオープン会見1

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/11932

小沢氏に任意での事情聴取を要請していた東京地検特捜部が、事情聴取に応じない小沢氏サイドにしびれを切らしたように、小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」本部、鹿島本社、石川知裕議員の議員会館事務所など、小沢氏にかかわる関係各所に大規模な強制捜査を行ったのは、1月13日のこと。


2010/01/21

検察とマスコミは、すみやかに「正常化」を〜郷原信郎弁護士緊急取材

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/11950

検察は、小沢氏について、何の被疑事実で捜査しているのか、公式の会見も発表も説明も、一度も行っていないにもかかわらず、連日、主要メディアが足並みを揃えて、微に入り細にわたり、小沢氏に関する「疑惑」が報じられている状況は、常軌を逸していると言わざるをえません。


2010/01/13

無言のまま暴走する検察、「大本営発表」をたれ流すマスコミ〜1月13日「04年政治資金収支報告書に4億円の記載あり」と明らかにした郷原信郎弁護士・単独インタビュー

http://iwakamiyasumi.com/parchives/300

私は、詳しい話を聞くべく、取材を申し入れ、1月13日、郷原弁護士の事務所に向かったが、到着した、まさにそのタイミングで、携帯に「陸山会」の事務所をはじめ、小沢氏の関係各所に強制捜査が入った、という通信社からの速報が入った。


2010/01/12

沈黙する検察、饒舌なマスコミ、この異様な光景〜1月12日小沢一郎記者会見で、小沢氏に問う

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/11981

たびたび書いてきていることだが、小沢幹事長の会見は、フルオープンである。テロ対象ともなりかねず、今、日本で最も警備を必要とする人物のはずであるが、それでも会見場に入るために事前登録すら必要がない。


2010/01/05

Tweetまとめ 小沢一郎幹事長周辺が新年から騒がしい

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/11996

北海道選出の、小沢元秘書の石川議員に、捜査の手が、との情報あり。政治と金の問題、石川止まりでなく、小沢氏まで届くのではないか、との噂しきり。


2009/11/17

ポスト鳩山は「亀井総理」!?〜政界再編の第一歩、始まるか

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12003

小沢幹事長が、言葉を選びながらも、「(国民新党と新党日本と平沼グループの合併による新党結成は)与党にとってプラス」と認めたのは、大きい。


2009/11/16

「これは民主主義的革命ですから、公開性、透明性をもたせるシステムにします」〜11月16日小沢幹事長「陳情制度改革」について語る

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12010

民主党の小沢幹事長の会見は、文字通り、本当に「フルオープン」である。


2009/09/05

終わりなき、小沢の創造的破壊戦略

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12021

民主党のNo.2、幹事長の座は、小沢一郎が就くことが明らかになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お知らせ

2012/05/02 記事を追加しました。


関連サイト
陸山会事件とは

関連書籍
雑巾がけ: 小沢一郎という試練 (新潮新書)
新潮社
(2012/04/17)
石川知裕(著)

小沢一郎はなぜ裁かれたか―日本を蝕む司法と政治の暴走
徳間書店
(2012/03/26)
石川知裕(著)
佐藤優(著)

日本をダメにしたこの民主党議員たち
日本文芸社
(2011/09/29)
松木謙公(著)

悪党―小沢一郎に仕えて
朝日新聞出版
(2011/07/07)
石川知裕(著)

誰が小沢一郎を殺すのか?
画策者なき陰謀
角川書店
(角川グループパブリッシング)
(2011/03/02)
カレル・ヴァン・ウォルフレン(著)
井上実(翻訳)

日本の独立
飛鳥新社
(2010/11/20)
植草一秀(著)

小沢一郎 完全無罪 「特高検察」が犯した7つの大罪
講談社
(2010/04/17)
平野貞夫(著)

わが友・小沢一郎
幻冬舎
(2009/08)
平野貞夫(著)

更新履歴

2012/05/02 記事を追加しました。


2012/04/26 記事を追加しました。


2012/04/25 記事を追加・修正しました。


2012/04/18 記事と関連書籍を追加しました。


2011/11/01 記事と関連書籍を追加しました。


2011/10/30 関連書籍がAmazonアソシエイトリンクになりました。


2011/10/28 公開


Copyright(c) 2011 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル . All Rights Reserved.